読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おさじの落書き帳

好きなことを書きます

【カード】またきたまきた杯 雑感

カード まきた杯 ルカリオEX ガラガラBREAK クロバット

使用デッキ : ルカガラバット

予選 : 2勝1敗1位通過

決勝 : 3勝1敗

 

予選

1戦目 VS μ光河さん ゲロバット ○ 6-4

お相手がシェイミスタートで序盤事故ってたのでシェイミ1匹倒すところからスタート。しばらく後ゲロゲが立ち、ルカリオとガラガラの二体がかりで倒す。その後ガラガラBREAKが立つもののエネが無くねらいうちしか撃てなかったため、ギリギリまでパンチを受けてからAZで立て直し。再びエネを引くまでバットを壁にしながら粘り、最後はボーンリベンジで〆。

 

2戦目 VSれいちぇるさん イベライボゾロアライコウ ○ 6-3

序盤はルカリオEXvsイベルタルEX。こちらがイベルタルEXに110ダメージ与えたところでイベルタルEX後退。小イベが前に。こちらはあなぬけのヒモを使い、相手はシェイミを前に。ここでこちらが前に出したズバットゴルバットに進化させ、最初のイベルタルEXに更に2点。ファイティングスタジアムストロングエネルギースクリューブローでシェイミに80ダメージ。次ターンでルカリオが相手のゾロアークに倒されるものの、こちらのターンでセンパイとコウハイ→ゴルバットクロバット。自分の場にはすでにガラガラとゴルバットズバット2体がいたので、バットを一気に進化させ、クロバットシェイミEXを、ゴルバット2体でイベルタルEXを、そしてガラガラがストロングエネルギーねらいうちでゾロアークを倒し、1ターンにサイドを5枚取る超展開に。その後はフラダリボーンリベンジでシェイミEX(2体目)を倒し勝利。このデッキ使ってきた中で一番楽しいポケモンカードだった。

 

3戦目 VSマサヤさん こうしんビークイン × 4-6

序盤にパラレルシティを貼られるもののそこまで困らず。ルカリオやバットで相手を倒しつつ、相手もこうしんで攻撃する殴り合いの展開。しかし中盤、マサヤさんがビーリベンジでこちらのルカリオを倒そうとしたところ、パラレルシティで打点が下がり耐えるという爆アド展開に。そのままビークインを倒し残りサイド2枚。あとは相手ベンチのバチュル2体を倒しフィニッシュと思っていたところ、マサヤさんが、シェイミEXを3体出してから自らパラレルシティ3体側を自分に向け(前ターンにパラレルを僕が割ってた)バチュルを場から消すというスーパープレー。そのターンのビーリベンジでクロバットが倒され、相手の残りサイドは1枚に。ここで相手のシェイミを倒すために必要なカードは、あなぬけのヒモが手札にあったため、ゴルバットクロバット闘エネルギーの3枚。しかし何を思ったかサーチャーでセンパイとコウハイを使うプレミ。そのためトドメを刺しきれずビーリベンジを打たれて敗北。あそこでプラターヌを使っていればワンチャン勝ちもありえたため、一番ダメなプレミだったかもしれない。バトフェス本番でやらないように気をつけます。

 

 

決勝

1戦目 VS Dている ライボナンスバット ○ 6-5

シェイミスタートだったが、そのお陰で相手が1ターン目にライボを出してくれたため逆に良かった。ライボをゴルバットルカリオで倒しつつガラガラを育てる。相手がバットとハチマキアサルトレーザーでこちらのルカリオを倒すが、返しでゴルバットとファイティングスタジアムほねふうしゃでライボを倒しつつガラガラをベンチに。しかしフラダリでガラガラを呼ばれ、ハチマキちょくげきひこうで倒される。その後互いにベンチを狙撃しサイドを取り合う。最後はクロバットで相手の前のクロバットに3点のせ、ハチマキちょくげきひこうで5点。次ターンにも5点で倒し勝利。

 

2戦目 VSシロノさん 悪 ○ 6-4

相手が悪だったので終盤ガラガラBREAKで詰める展開にしようと意識。ルカリオとバットで非EXイベにダメージをためつつ時折フラダリでゾロアークを狩る。最後は始めに描いた展開通り、バットとガラガラBREAKで詰めて勝利。ただ、中イベを倒す際、クロバット(3点)+ハチマキスカッドジャブ(5点)×2発だったのだが、本当はフライトナイトでハチマキが無効化されていた(試合後に試合を横で見ていた人に指摘されて気づいた)。お互い試合中気づかなかったということで許してほしい…(プレミ自体は許されない)

 

3戦目 VSポケカロンさん ルカルチャ × 0-4

先1レッドカードで事故らされて種切れ負け。さすむり。

 

4戦目 VSレオンさん 悪 ○ 6-2

中盤お相手が止まってたのに対しこちらは鬼のブン回り。ルカリオもガラガラもバットも十分に育ち好き放題に。終盤はガラガラBREAKが暴れまわり勝利。

 

 

今回の大会はガラガラBREAKの試運転のつもりで臨んだが、ガラガラBREAKが思ってた以上に強くて度肝を抜かれた。終盤の制圧力は他の追随を許さない。今回の大会もガラガラBREAKのおかげで勝った試合がかなりあった。また新たな気づきとしては、BREAK前のガラガラの技も優秀だということ、ほねふうしゃ後にバットを盾にする動きが強いということ、である。 このデッキは、今回の大会でもなかなか良い勝率であったので、かなりパワーのある、自分に合っているデッキであると思う。